印鑑の法的な効力と無効になる条件について

印鑑43

自筆のサインが広まった現在でも日本では印鑑に強い効力があります。公的な文書には印鑑が必須である他、印鑑を押した書類に対してはその内容に同意したことを意味するので注意しなければいけません。また、法的な効力が強い一方、押し方が悪いと無効扱いになるのも事実です。

印鑑を正しく扱うためにも、印鑑の効力の強さや無効になる条件などを学びましょう。

印鑑の中でも実印は効力が強い

印鑑50

印鑑には様々な種類がありますが、中でも実印は市町村の窓口で登録した物なので法的な効力が非常に強いのが特徴です。印鑑登録証明書の発行により、実印は他の印鑑とは異なる特別な物として扱われます。保険の契約や高額なローンの利用などに用いる他、公的な書類への捺印にも用いられます。

実印が押されている書類は本人が内容を確認し、同意したことを客観的に証明していると言えるので捺印の際は慎重に判断しなければいけません。後になってから内容に同意していないと反論しても通用しないので注意する必要があります。

また、実印に限らず印鑑は決して安易に他の人へ渡してはいけません。本人以外の人が捺印しても印鑑の持ち主が書類の内容に同意したと見なされるためです。

一般的な印鑑とゴム印の違い

印鑑は木や象牙、プラスチックなど様々な素材で作られています。中でもゴム印は印面がゴムで作られている、非常に安価な印鑑です。勘定科目や人名、役職名などを書類に記す作業を効率的に行う目的で使われる他、印面にインクを沁み込ませたシャチハタ印も広く普及しています。

しかし、ゴム印は印鑑の一種でありながら印鑑としての効力を持っていません。これは印面が柔らかく、変形や摩耗が起きやすいためです。印鑑としての効力を持たせるには印面が常に安定した形状であることが条件になります。

そのため、ゴム印は法的な効力を持つ印鑑として使うことができないのです。ゴム印よりも安く購入できることが多い三文判は印面が固く、変形しないので印鑑としての効力を持たせることができます。

捺印しても法的な効力が発生しない条件と対処法

印鑑を捺印すると書類の内容に同意したと見なされるので、安易に捺印するのは危険と言えるでしょう。特に白紙委任状への捺印や他人に印鑑を貸すのは大きなトラブルに見舞われるおそれがあるので絶対に行ってはいけません。

また、印鑑の押し方によっては法的な効力が発生しないこともあるので、重要な書類へ捺印する際には十分に注意する必要があります。印鑑を押しても印面が綺麗に転写されていなければ無効扱いになることがあります。朱肉が足りずに印面がかすれたり、逆に朱肉が多すぎて印面が潰れてしまうことは珍しくありませんが、いずれも法的な効力が発生しない状態です。

印面がはっきりと読めない押し方では法的な効力が発生しないと言えるでしょう。同様の理由で印面が破損し、一部が欠けている印鑑も無効扱いになります。万が一、印鑑が破損していたら速やかに新品と交換しなければいけません。

文字の部分が綺麗に転写できても外枠の部分が欠損していたら無効になります。印面がはっきり転写できた状態なら上下の向きは関係ありませんが、捺印場所から大きくずれている場合は無効になるケースもあるので注意します。

捺印をやり直す場合、失敗した捺印から少しずらした位置に改めて押します。綺麗に捺印するには書類の下に柔らかい布などを敷き、印面を万遍なく密着させるのが良い方法です。印面をずらさずに持っている部分を回すように押すことで朱肉を均一に沁み込ませることができます。

印鑑の材質による特徴の違い

印鑑の耐久性は素材によって異なります。古くから多用されている木は加工が容易ですが、湿気に弱く印面も摩耗しやすいのが欠点です。高級な素材もありますが耐久性には大きな差がありません。また、何度も使っていると朱肉が沁み込み、見栄えが悪くなってしまう点にも注意する必要があります。

動物の骨や牙も印鑑の素材として使われてきました。特に象牙は希少性の高さから高級品として珍重されています。象牙は摩擦に強く、朱肉に含まれている油に触れてもほとんど劣化しないので一生使い続けることも不可能ではありません。

しかし、わずかな衝撃でもひび割れが生じる他、水濡れにも弱いデリケートな素材なので丁寧に扱う必要があります。プラスチックは石油の加工技術が進歩したことで急速に普及した素材です。安価で量産が可能な他、加工も容易なのが普及した大きな理由です。

耐久性も高く、特に水濡れに強いことから朱肉の汚れを綺麗に除去することができます。象牙ほどではありませんが摩擦にも強いので長持ちしますが、プラスチックは熱に弱いのが欠点なので火気に近づけてはいけません。紫外線に当たると劣化して変色やひび割れが生じるので、置き場所にも気を配ることが重要になります。

金属は種類によって性質が異なるので一概に言い切ることはできませんが、頑丈で衝撃に強く、紫外線に当たっても影響されにくい利点があります。熱にも強く、印面が摩耗しにくいことから理想的な素材と言えるでしょう。

その反面、非常に固いので加工が難しく、重たいという欠点もあります。

印鑑のお手入れ方法

印鑑46

印面が汚れていると微小な凹凸が生じて綺麗に転写できず、無効扱いになるリスクが増大します。何度も捺印をやり直す事態を避けるには日頃からお手入れを欠かさず、綺麗な状態を保つことが重要と言えるでしょう。特に印面の凹んだ部分に朱肉が詰まっていると捺印時にかすれや潰れが生じやすくなるので掃除を怠ってはいけません。

印面は柔らかい歯ブラシで汚れを取り除き、固く絞った濡れタオルで拭き取ります。素材によっては水分に触れるとカビが生えたりひびが入ってしまうことがあるので注意が必要です。捺印を行ったらすぐに朱肉を拭き取り、汚れた状態で長時間放置しないのが印鑑を良好な状態に保つための工夫です。

印鑑の掃除は印面を傷つけないことを厳守し、そのうえで汚れをわずかでも残さないことを心がけます。

正しく扱って綺麗に保つのが無効になるのを避ける秘訣

捺印が無効になってしまうのは印面が綺麗に転写されないのが理由です。朱肉の過不足や印面の破損、汚れによる転写の不具合など理由は様々ですが、その多くは印鑑を丁寧に扱うことで防ぐことができます。日頃から印鑑のお手入れを正しく行い、印面が綺麗な状態を保つことが捺印の無効を避ける秘訣でしょう。

印鑑の素材ごとに扱い方が異なるので、お手入れの際はその点に注意する必要があります。