印鑑の形はさまざま!用途に合わせて使い分けよう

印鑑28

印鑑を作成する時に迷う方が多いのが、形です。丸いものや四角いものなどがあって、どのように使い分けたらいいのか分からない方もいるでしょう。個人用なのか、会社用なのかによってもよく使われる形は異なります。そこで今回は、印鑑の代表的な形や用途などをご紹介します。

印影だけでなく、持ち手やアタリの形についても解説するので、参考にしてくださいね。

一般的に使用されている丸印

丸印というのは、一般的に幅広い場面で使用されている丸い印鑑のことです。見かける機会が多いため、印鑑といえばこの形を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。たとえば、個人用の実印や銀行印、認印などとして多く使用されています。

用途は、さまざまな契約や口座開設、宅配便の受取などの捺印です。また、会社でも会社実印や役職印で使用されており、用途としては会社間の契約書への捺印などが挙げられます。では、なぜ丸印が多くの印鑑で使用されているのでしょうか。

その理由としては、大量生産しやすいということが考えられます。価格も抑えられるため、100円ショップなどでも安く手に入るのです。また、同じ丸印でも、個人用と会社用で彫られている文字の形などは異なります。個人用の実印や銀行印などは、個人の名前だけが彫られていることが多いでしょう。

しかし役職印などの場合は、外側に円形で会社名、内側に「代表取締役印」などの文字が彫られていることが一般的です。

会社で多く使用される角印

印鑑31

角印というのは、印面が四角形になっている印鑑であり、主に官公庁や企業、組合などで使用されています。官公庁では「公印」、企業では「社印」と呼ばれることもあります。用途としては、見積書や請求書、領収書などへの捺印が挙げられるでしょう。

角印には社名だけを彫ることが一般的であり、丸印は会社の実印として、角印は会社の認印として使い分けられることも多いです。しかし、角印を実印として使用することもできます。会社実印に「丸印でなければならない」という決まりは無いため、規定を満たしていれば角印でも実印登録が可能なのです。

ただし、やはり一般的には角印の実印は少ないため、丸印を登録することをおすすめします。また、混同することを防ぐために、丸印と角印の使い分けをきちんとしておくことも大切です。特に、実印を認印としても使う併用は危険なので、避けましょう。

三角形の印鑑もある

一般的な丸印や角印以外には、三角形の印鑑も存在します。あまり使用する人はいませんが、他の印鑑と区別したい場合や、個性的な印鑑が欲しい場合には適しているでしょう。また、持ちやすくて捺印の際に安定するというメリットもあります。

なお、三角形の印鑑でも、サイズが規定内に収まっていれば実印登録はできます。個人の実印の場合、「印影の一辺が8mmの正方形よりも大きくて、25mmの正方形よりも小さい」という条件を満たしていれば、どんな形でも良いのです。

ただし、印相学的に避けた方がよいと言われている形もあります。たとえば楕円形は「財力に恵まれない」という意味があると考えられており、実印では避けられる傾向にあります。印相学というのは手相のようなものなので、必ずしも信じてその通りにしなければいけないものではありません。

しかし気になる場合は、事前に印鑑の形とその印相学を確認してみてもいいでしょう。

持つ部分の形について

印影だけでなく、印鑑の持つ部分の形にも種類があります。1つ目は、「寸胴」と呼ばれる真っ直ぐなもの。くびれが無く、円柱や角柱の形をしています。100円ショップで購入できる印鑑や銀行印などに使用されているので、よく目にするのではないでしょうか。

キャップがセットになって販売されているものが多く、保管しやすいというメリットがあります。また加工しやすいため、価格も比較的低く抑えられます。ただし大量に販売されている形なので、あまり高級感が感じられないと思う人もいるでしょう。

2つ目は、「天丸」と呼ばれるくびれがあるもの。印影の反対側が丸くなっており、ひょうたんのような形をしています。主に、会社の役職印や代表者印などで使用されていることが多いでしょう。高級感のある見た目で、役職印にふさわしいずっしりとした雰囲気であることがメリットです。

ただし加工に手間がかかるため、寸胴よりも高級である可能性が高いです。

「アタリ」の有無

「アタリ」というのは、印鑑に付いている目印のこと。たとえば名前が「佐藤」の場合は「佐」のほうに目印が付いており、印影を見なくても印鑑の上下が分かります。アタリを正面に向けて押すことで、真っ直ぐきれいに押印ができるのです。

そんなアタリにもさまざまな形があります。まずは溝が彫られているもの。長方形になっているものが多く、人差し指を添えることで簡単に真っ直ぐ押印できます。また、突起物が付いているものもあります。クリスタルなどのストーンを使用することで、アクセントにもなるでしょう。

印鑑のプレゼントをする際に、相手の誕生石を使用するなどの工夫をすることもできます。中には、目印が印刷されているものも存在します。印鑑を傷つけたくない人にはおすすめですが、使用しているうちに剥げてくる可能性はあります。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分にとって使いやすいアタリの形を選んでみてください。

珍しい印影の印鑑もある!

中には、個性的で珍しい印影を作成している会社もあります。たとえば、株式会社城山博文堂の「ねこのはんこ・ニャン鑑」。名前の漢字や平仮名の一部を、猫の形に変えてデザインすることが可能です。「山口」という苗字であれば「口」を猫の顔の形にアレンジしたり、「真一」という名前であれば「一」を猫の全身のシルエットで表現したりできます。

一部の銀行を除き、銀行印としての登録もできるので、猫が好きな方は作成してみてください。他には、オリジナルの書体を使用してデザイナーが印影を作成してくれる、「Sirusi」というブランドもあります。世界に1つだけの印鑑ができあがりますよ。

最適な形の印鑑を選びましょう

印鑑の形はさまざま。個人用の実印などが欲しい場合は丸印を、会社用の認印などが欲しい場合は角印を使用しましょう。ただし、大きさなどの規定を満たしていれば実印登録は可能なので、印鑑の形で個性を出すのもおすすめです。

また、持つ部分にもさまざまな形が存在するので、使いやすいものを選びましょう。

印影にこだわって、世界に1つしかない印鑑を作成するのも素敵です。