野方で印鑑を作成することを考える方

印鑑50

野方で印鑑の作成を考える方も、どのような基準で制作業者を選べば良いかで悩むことでしょう。印鑑の用途には様々なものがあります。

普段から利用する認印や、銀行口座の開設に用いる銀行印、土地の売買など重要な取引で用いる実印と、用途によって印鑑は使い分けるのが普通なものです。ここでは、個人での利用から法人での活用に至るまで、印鑑の種類と用途、制作業者の選び方を紹介していきます。

印鑑の種類にはどのようなものがあるか

印鑑と一口に言っても、様々な種類があるものです。個人の用途で使うものであっても、日常的に使う認印、銀行取引に使う銀行印、重要な商取引で用いる実印と分かれています。法人での利用の際には、代表者を示す代表印、法人口座を開設する際に使う銀行印、契約書類などへの押印に用いる角印が挙げられます。

デジタル署名が浸透したといっても、書面で取引する文化が根強い日本では、印鑑は重要なアイテムとなります。制作にあたっては、印鑑を作成する素材から、印面のサイズやデザインに至るまで、細部に亘って拘ることも大切なのです。

印鑑を作成するといっても、素材によって制作に要する費用は違っていきます。少ない制作費用で済ませることを考えるのであれば、廉価なカーボン素材から、薩摩本柘のような安価な木材などを用いるのが良いでしょう。実印や会社で用いる代表印など、重要な局面で使うのであれば、水晶や象牙などの高級感溢れる素材を選ぶのも良いものです。

制作に要する予算と、用途を検討した上で適切な素材を用いた印鑑制作を進めましょう。

印面に掘る文字タイプの検討も大切

印鑑の価値を示す部分に印面があります。印面のデザインや形状が、人に与える印象を大きく左右するからです。印鑑の印面をデザインする際には、機械式で掘り上げる形と、職人が時間をかけて掘り上げる形があります。職人が時間をかけて掘り上げてきた文化がある印面の作成ですが、コンピュータ技術の進歩により、精巧な印面を機械で掘ることも可能となって来ています。

コストを抑えて印鑑の作成を行なうのであれば、機械で掘った印鑑を選ぶのも良いでしょう。野方で印鑑を販売する店舗でも、モニター上でオリジナルフォントを選びながら、自分専用の印鑑を作成できるところも増えて来ています。

急いで印鑑を作る必要がある場合や、コストを抑えたいと考える際には、機械彫りで印鑑を作成するのも良いでしょう。会社の代表印や実印など、重要な局面で用いる印鑑の場合には、手彫り式の印鑑の方が良いものです。匠の技で作られた印鑑は、高級感と趣を醸し出すからです。

手彫り形式で印鑑を作成するにあたっては、それなりに時間を要するものです。印鑑として仕上げる素材を選んだ後、職人に作成してもらう期間が必要となるからです。象牙や水晶素材に匠の技で掘り上げていった印鑑であれば、書類を受け取った方の感じ方も変わっていきます。

用途や予算に応じた作成方法を選んでいくのが良いでしょう。

印影のサンプルを掲示している店舗もある

印鑑51

印鑑の作成を行なう店舗によっては、印影のサンプルを掲示しているところもあります。自分でイメージする印面を伝えても、出来上がりが思い通りに仕上がるかが気になるものです。印影のサンプルを見ながら作成を行なっていけば、注文を行なう前に出来上がりを確認できるのです。

印鑑を作る場合には、使いみちによって書体を変えるのが普通です。銀行員や実印など、金銭に関わる文書に押下するものは、可読性が低いものであることも大切です。

自分の名前を可読性の低い行書体などで表現するにあたっても、どのような印面イメージになるかは掴みにくいことでしょう。

印影のサンプルを見ることにより、自分の思惑との錯誤が無いかについてを注文前に確認できるのです。印面のサイズに応じた文字の大きさを選ぶことも大切です。書類に押した際のバランスが悪いと見栄えが悪い印象を相手に与えるからです。

印影を決めた後に修正が入るケースは少なくありません。注文の段階ではイメージ通りと考えていても、時間が経ってみると違う印面のほうが良いと考えることも多いからです。野方で営業している印鑑制作会社では、注文後の微調整も可能となっています。

印面の変更をどの程度行えるかは、注文前に確認しておいたほうが良いでしょう。

長期保障のある店舗での制作を心がける

印鑑は長きに亘って使用するアイテムです。銀行員や実印で使った際には、時間が経ってから照合することもあるものです。十年単位で変わりない印面を押印できる印鑑の制作を心がけましょう。野方にある制作会社では、長期保証を提供する会社が数多く見られます。

印面の些細なほころびであっても、スムーズに対処してくれる制作会社を選ぶことを心がけましょう。頻繁に押印する際には、印面の摩耗が激しくなっていくものです。耐久性の高い素材を選ぶことは勿論のこと、メンテナンスの面も含めた制作会社選びが大切です。

登記に使う際には、類似称号があったりすると、印鑑の再作成を行なうことも有り得ます。細かな要望に対しても、迅速に対処してくれる制作会社との付き合いが大切となるのです。

印鑑を注文する際の流れ

印鑑を注文する際には、イメージする印面や素材を選んだ後に、制作依頼を行なう形になります。作成する納期は、機械彫りや手掘りなど、掘り方によっても違っていきます。使い始める時期を視野に入れた上で制作依頼を進めていくのが良いでしょう。

印鑑を作成するにあたっての決済方法については、銀行振り込みでの支払い以外に、クレジットカードでの決済や代引きなど、各種手段が適用されている店舗が少なくありません。

出来上がりを見て、イメージと違った場合には、返品や再作成を依頼できるところも多く見られます。

野方で営業しているオーダーメイド型の印鑑制作会社の多くでは、初期不良の対応を行なっています。出来上がりが思っていたものと違った場合にも、快く再作成に応じてくれるのです。制作を依頼するにあたっては、野方で印鑑を作成した方の口コミや評判を参考にするのも良いでしょう。

長きに亘って付き合える印鑑制作会社選びが大切

印鑑を作成する際には、長きに亘って付き合える制作会社であることが大切です。銀行員や実印、会社の代表印などは、歳月が経過してから照合することもあるからです。印面を作成するにあたっては、素材と印面に用いる書体を選ぶことも重要です。

用途に応じて、読みやすかったり、可読性が薄かったりする必要があるからです。豊富なサンプルを提供する野方の店舗を探すのが良いでしょう。